日本

【伊勢神宮の御朱印】御朱印がもらえる伊勢神宮の7社を紹介!内宮・外宮など

 

日本人の心の故郷とも呼ばれ、日本全国から崇敬を集める「伊勢神宮」

「お伊勢さん」などの愛称で呼ばれている伊勢神宮ですが、正式名称は「神宮」であり、内宮と外宮を中心に125社ある別宮・摂社・末社全てを含め「神宮」となっています。

そんな125社ある神宮ですが、御朱印をもらえる場所はわずか7社のみとなっています。

今回は、実際にそんな御朱印がもらえる伊勢神宮の7社全てを参拝してみたので、御朱印の写真とともにご紹介していきます😌

 

【伊勢神宮の御朱印】御朱印がもらえる伊勢神宮の7社

1. 内宮(皇大神宮)

約2000年前から、五十鈴川のほとりにご鎮座する「内宮(皇大神宮)」。

内宮には、皇室のご先祖であり、我々の総氏神である「天照大御神」がお祭りされており、日本全国から崇敬を集める神社となっています。

日本全国に8万以上ある神社の頂点に立つお社であり、日本人なら必ず1度は参拝したい場所となっています。

名称 内宮(皇大神宮)
住所 三重県伊勢市宇治館町1
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/shogu.html
日本最大のパワースポット!伊勢神宮「内宮」参拝記【行き方・駐車場・御朱印など】 約2000年前に五十鈴川のほとりにご鎮座され、日本人の「心のふるさと」とも称される伊勢神宮の正宮である「内宮(皇大神宮)」。 ...

 

2. 外宮(豊受大神宮)

内宮から約4.5km離れた伊勢市の中心部にご鎮座する「外宮(豊受大神宮)」

外宮には、衣・食・住をはじめとする全ての産業の守護神である「豊受大御神」が祀られており、古くからたくさんの人々の崇敬を集めています。

今から約1500年前に伊勢の地にご鎮座され、内宮とともに日本全国から参拝者が訪れています。

名称 外宮(豊受大神宮)
住所 三重県伊勢市豊川町279
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/geku/shogu.html
伊勢神宮の外宮(豊受大神宮)参拝記!【駐車場・御朱印・お守りなどを解説】 伊勢市の中心街にご鎮座し、内宮(皇大神宮)と並ぶ伊勢神宮の正宮である「外宮」。 約1500年前に現在の地にご鎮座され、衣・...

 

3. 月読宮

「月読宮」は、五十鈴川中流域の中村町に位置しており、合計14社ある伊勢神宮の別宮のひとつとなっています。

祀られている御祭神が天照大神の弟神である「月読尊(つきよみのみこと)」であることから、内宮宮域外の別宮としては最も位の高い別宮となっています。

立地としても内宮から約2km、外宮から約3.5kmの場所に位置しているため、アクセスも非常に良好となっています。

名称 月読宮(つきよみのみや)
住所 三重県伊勢市中村町742−1
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/tsukiyomi.html
スピリチュアルな穴場スポット「月読宮」参拝記!【駐車場・お守り・御朱印などを解説】 伊勢神宮の内宮から約2km離れた、五十鈴川中流域に位置する別宮「月読宮(つきよみのみや)」。 天照大神の弟神である「月読尊...

 

4. 月夜見宮

「月夜見宮」は、日本神話に登場する天照大神の弟神「月夜見尊(つきよみのみこと)」とその「荒御魂(あらみたま)」をお祭りしている伊勢神宮外宮の別宮です。

前述の「月読宮」と漢字の表記は異なりますが、同じ「月読尊(月夜見尊)」が祀られているお社となっています。

外宮から約400mというアクセス良好な伊勢市の中心部に位置しており、周辺の賑やかな雰囲気とは一線を画す静かな森に囲まれています。

名称 月夜見宮(つきよみのみや)
住所 三重県伊勢市宮後1丁目3−19
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/geku/tsukiyomi.html
【伊勢神宮】外宮の別宮「月夜見宮」を参拝レポ!【御朱印・お守り・アクセスなど】 伊勢神宮の外宮から約400mという伊勢市の中心街にひっそりとたたずむ「月夜見宮(つきよみのみや)」。 日本神話に登場する天...

 

5. 倭姫宮

「倭姫宮」は、内宮と外宮を結ぶ御幸道路沿いに位置している別宮であり、天照大神を伊勢の地に祀ったとされる「倭姫命(やまとひめのみこと)」が御祭神となっています。

「倭姫宮」は伊勢神宮の14社ある別宮の中でも最も創建が新しく、1923年11月5日に創設されました。

緑豊かな倉田山にご鎮座しており、周辺は神宮徴古館や神宮農業館、神宮美術館などの見所が集まるエリアとなっています。

名称 倭姫宮(やまとひめのみや)
住所 三重県伊勢市楠部町5
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/yamatohime.html
伊勢のパワースポット「倭姫宮」を参拝&徹底解説【アクセス・駐車場・御朱印など】 伊勢神宮の内宮・外宮からほど近い倉田山にご鎮座する、伊勢神宮の別宮「倭姫宮(やまとひめのみや)」。 この「倭姫宮」は14社...

 

6. 瀧原宮

「瀧原宮」は、日本神話に登場する天照大神の御魂が祀られている格式高い内宮の別宮として知られています。

瀧原宮が建造された正確な年代は分かっていませんが、そのご鎮座は約2000年前まで遡るとされています。

第11代垂仁天皇の皇女「倭姫命」が天照大神のご鎮座の地を求めて、宮川上流域の「大河の瀧原の国」に新宮を建てたのが瀧原宮の起源とされています。その後、現在の内宮の場所に新宮が建造されたことから、瀧原宮は天照大神の御魂を祀る別宮となりました。

名称 滝原宮(たきはらのみや)
住所 三重県度会郡大紀町滝原872
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/takihara.html
不思議でスピリチュアルな伊勢神宮の別宮「瀧原宮」を現地レポ!【アクセス・お守り・御朱印など】 伊勢神宮から西に約40km。三重県大紀町に伊勢神宮の別宮である「瀧原宮(たきはらのみや)」があります。 「瀧原宮」は、伊勢...

 

7. 伊雑宮

「伊雑宮」は、前述の瀧原宮と同じく天照大神の御魂が御祭神となっている内宮の別宮です。

神宮の別宮14社の中で唯一志摩市に位置しており、古くから瀧原宮とともに「天照大神の遙宮(とおのみや)」と呼ばれてきました。

また、神宮の別宮の中では唯一「神田」を持っており、毎年6月24日に行われる御田植式は日本三大田植祭の一つとされており、国の重要無形民俗文化財にも登録されています。

名称 伊雑宮(いざわのみや)
住所 三重県志摩市磯部町迫間上之郷374
参考HP https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/izawa.html
三重県志摩市のパワースポット「伊雑宮」参拝記!【アクセス・お守り・御朱印などを解説】 三重県志摩市に位置する、伊勢神宮内宮の別宮である「伊雑宮(いざわのみや)」。 同県大紀町にある「瀧原宮」とともに、「天照大...

 

スポンサーリンク

おわりに

今回は、「御朱印がもらえる伊勢神宮の7社」をご紹介しました。

今回ご紹介した7社の中でも「瀧原宮」と「伊雑宮」以外は全て伊勢市内に位置しており、アクセスも非常に良好となっています。

1日で7社全てを訪れるのは難しいかもしれませんが、じっくり回ったとしても日程としては2日間あれば十分だと思うので、時間の許す方はぜひ7社全てに参拝に訪れてみてください😌

 

人気記事

海外旅行に持っていくべき3つのおすすめクレジットカード【年会費無料】

人気記事

「タウンライフ旅さがし」で海外旅行を無料一括比較!使い方やメリットなどを徹底解説!

ABOUT ME
bayashi
bayashi
旅 ギター ノスタルジー 聖地巡礼が好きです。 北ヨーロッパの小国ラトヴィアに留学してました。 普段はギターを弾きながら生きています。最近は映画やアニメの聖地巡礼にはまってます。
グーグルアドセンス 記事下




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です