ノスタルジー

【どこか懐かしい】ノスタルジックな青春18きっぷのポスター15選

 

みなさんこんにちは、ノスタルジー系YouTuberのbayashiです。

 

青春18きっぷのポスターを見て、懐かしくて涙が出そうな気持ちになった経験はないでしょうか?

美しい日本の原風景の写真と切ないキャッチコピーから、ノスタルジックな気持ちになる方もいると思います。

そこで今回は、青春18きっぷのポスターの中でも、見ていると懐かしくて泣きそうな気持ちになるポスターを15枚ご紹介していきます。

 

【どこか懐かしい】素敵な青春18きっぷのポスター15選

1990年夏 釧路本線 川湯温泉駅

ああ、ここだ、と思う駅がきっとある。

このポスターを見ていると、「ああ、ここだ」と思うような駅を探しに行きたくなります。

1990年冬 予讃線 下灘駅

思わず降りてしまう、という経験をしたことがありますか。

こんな駅を見つけたら、思わず降りてしまいそうですね。

2000年夏 根室本線 厚床駅

「早く着くこと」よりも大切にしたいことがある人に。

青春18きっぷの旅は、早く目的地に着くのではなく、時間も気にせず当てもない旅をするものです。

2000年冬 予讃線 下灘駅

前略、僕は日本のどこかにいます。

青春18きっぷの旅なら、日本の「どこか」へ行くことができます。

2001年冬 山陰本線 鎧駅

なんでだろう。涙がでた。

このポスターを見ていると、気がついたら涙がでています。

2003年夏 北上線 ゆだ錦秋湖〜ほっとゆだ駅

E=(km)2
旅の楽しさ(Enjoy)は、距離(km)の2乗に比例する。

たくさんの距離を走れば、それだけ旅の楽しさ・思い出が増えますね。

2003年冬 紀勢本線 相賀〜尾鷲駅

I=t人2
旅の印象(Impression)は、時間(time)と出会った人々に比例する。

旅先でいい人と出会うと、人間も捨てたものじゃないと思えます。

2004年春 呉線 須波駅

√a=18
旅路(ルート)のなかでは、人はいつも18(age)である。

旅をしているときは、誰でも少年時代に戻ることができると思っています。

2005年夏 予讃線 串〜喜多灘駅

あの頃の青を探して。

青春18きっぷの旅で、あの頃の「青さ」を取り戻しに行きませんか?

2009年夏 山口線 篠目駅

大人には、いい休暇をとる、という宿題があります。

働くことを少し辞めて、日本の旅に出かけませんか?

2009年冬 土讃線 阿波川口〜小歩危駅

変わる日本の、変わらない景色。ゆっくりとしか行けない旅をする。

青春18きっぷの旅をすると、日本の変わらない風景に出会うことができます。

2010年冬 高山本線 飛騨金山〜焼石駅

車窓に映った自分を見た。いつもより、いい顔だった。

ゆっくりとした列車の旅で、本当の笑顔を取り戻しませんか?

2011年夏 予土線 土佐大正〜土佐昭和駅

家の冷房を消して、涼しい日本へ旅にでた。

家の冷房もいいけど、たまには外の涼しい風を浴びたくなります。

2012年夏 飯田線 中井侍駅

「きれいだなぁ」誰も聞いていないつぶやきも、いいものです。

心からの言葉は、自然と口から出てきますね。

2013年冬 城端線 城端駅

僕らが降りた終着駅は、誰かの旅の始発駅でもある。

列車に乗るひとりひとりに、それぞれの物語があるのだと思うと、胸が締め付けられる思いになります。

スポンサーリンク

【補足】YouTubeチャンネルでも「青春18きっぷ」のポスターをご紹介しています

今回ご紹介した青春18きっぷのポスター15枚は、YouTubeチャンネルでもご紹介しています。

気になる方は、ぜひ動画もチェックしてみてください!

 

というわけで今回は以上になります。

created by Rinker
¥1,980
(2020/08/13 20:19:23時点 楽天市場調べ-詳細)

 

人気記事

【涙がでた】藤子・F・不二雄の「ノスタル爺」が神漫画すぎた件

人気記事

【どこか懐かしい】ノスタルジックな青春18きっぷのポスター15選

ABOUT ME
bayashi
bayashi
旅 ギター ノスタルジー 聖地巡礼が好きです。 北ヨーロッパの小国ラトヴィアに留学してました。 普段はギターを弾きながら生きています。最近は映画やアニメの聖地巡礼にはまってます。
グーグルアドセンス 記事下




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です