スウェーデン

スウェーデンのコーヒーブレイク文化「フィーカ Fika」とは?

 

スウェーデンの伝統文化であり、スウェーデン人が大切にしているコーヒーブレイクの時間「フィーカ Fika」

近年の北欧人気により北欧のライフスタイルが注目を浴びており、参考にする日本人の方も増えています。

そこで今回は、スウェーデン人にとってはなくてはならないコーヒーブレイクの時間である「フィーカ Fika」についてご紹介していきます😌

 

スウェーデンのコーヒーブレイク文化「フィーカ Fika」とは?

「フィーカ Fika」とは、スウェーデン語の動詞・名詞であり、大まかに甘いものと一緒に「コーヒーを飲む」という意味の単語になっています。

僕たち日本人の感覚だと、普通のコーヒーブレイクやティータイムと同じ意味の単語だと考えがちですが、スウェーデン人に言わせると少し意味が異なるそうです。

スウェーデン人にとってのフィーカとは、休憩でもあり、スウィーツを楽しむ時間でもあり、恋人や仲間との関係を深める時間でもあるそうです。つまり、ただのコーヒーブレイクではなく、いろいろな意味がフィーカにはあるのだそう。

また近年では、コーヒーの代わりに紅茶やレモネードなどを飲んだり、スウィーツの代わりにサンドイッチを食べることもフィーカとされているそうです。

コーヒーなどを恋人や仲間と楽しみ、お互いの関係を深め合うフィーカの文化を日本人も参考にしてみてもいいかもしれませんね😌

 

スポンサーリンク

スウェーデンの首都ストックホルムにはユニークでお洒落なカフェがたくさん!

そんな「フィーカ Fika」の時間を大切にしているスウェーデンですが、特に首都のストックホルムには、つい入ってしまいたくなるようなユニークでお洒落なカフェがたくさんあります。

ストックホルムの中でも最も人気のある観光名所のガムラスタン(旧市街)には、フィーカにもランチにも利用できるカフェがたくさんあり、カフェ探しに困ることはありません。

また、ストックホルム中心街から緑豊かなユールゴーデン島までの区間を運行している、トラムに乗りながらフィーカができる「Café Tram カフェトラム」というユニークなカフェもあります。

そんなユニークでお洒落なカフェがたくさんあるストックホルムですが、その中でも個人的に特におすすめの4つのカフェを下記記事でご紹介しています😌

興味のある方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください☺️

【ストックホルム】ガムラスタン近郊のおすすめカフェ4選 スウェーデンといえば、家族や同僚、恋人とのコーヒーブレイクの時間「Fika フィーカ」を大切にする文化で有名です。 スウェ...

 

「フィーカ Fika」を取り入れてゆとりのある生活を送ってみよう!

スウェーデンを含む北欧地域では、一人当たりのコーヒー消費量が日本人の約3倍となっており、それだけ「フィーカ Fika」の時間を大切にしている証拠ともいえます。

スウェーデン人はこのフィーカの時間を1日に何度も取るそうで、少なくとも午前10時と午後3時の2回は必ずフィーカの時間を設けています。

実際、ストックホルムの街を歩いていると作業服を着た人達が、仕事の合間にカフェに入っていく姿をよく見ます。

スウェーデン人がこの「フィーカ」の時間を1日に何度も取るように、僕たち日本人もフィーカを日常生活に取り入れて「ゆとりのある生活」を送ることも大切なことかもしれませんね😌

 

おわりに

今回は、スウェーデンのコーヒーブレイク文化である「フィーカ Fika」についてご紹介しました。

毎日仕事に追われてマラソンのような生活にならざるを得ない方もいらっしゃるとは思いますが、たまには時間を見つけて家族や恋人と「フィーカ」の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか☺️

 

人気記事

海外旅行に持っていくべき3つのおすすめクレジットカード【年会費無料】

人気記事

「タウンライフ旅さがし」で海外旅行を無料一括比較!使い方やメリットなどを徹底解説!

ABOUT ME
bayashi
bayashi
旅 ギター ノスタルジー 聖地巡礼が好きです。 北ヨーロッパの小国ラトヴィアに留学してました。 普段はギターを弾きながら生きています。最近は映画やアニメの聖地巡礼にはまってます。
グーグルアドセンス 記事下