Sweden

ストックホルム・ガムラスタン近郊のおすすめカフェ4選

 

スウェーデンといえば、家族や同僚、恋人とのコーヒーブレイクの時間「Fika フィーカ」を大切にする文化で有名です。

スウェーデンを含む北欧地域では、一人当たりのコーヒー消費量が日本人の約3倍となっており、それだけ「Fika フィーカ」の時間を大切にしている証拠ともいえます。

そんなスウェーデンだからこそ、街中にはお洒落で雰囲気の良いカフェがいっぱい。今回は、スウェーデンの首都ストックホルムの中心街から徒歩で行けるおすすめカフェを4つにまとめました。

ストックホルムを観光で訪れる方は、この記事を参考に「Fika フィーカ」を楽しんでみてください!

※この記事の金額表記は、記事執筆時(2019年11月)に基づきます。

 

Fika フィーカとは?

「フィーカ Fika」とは、スウェーデン語の動詞・名詞であり、大まかに甘いものと一緒に「コーヒーを飲む」という意味の単語になっています。

僕たち日本人の感覚だと、普通のコーヒーブレイクやティータイムと同じ意味の単語だと考えがちですが、スウェーデン人に言わせると少し意味が異なるそうです。

スウェーデン人にとってのフィーカとは、休憩でもあり、スウィーツを楽しむ時間でもあり、恋人や仲間との関係を深める時間でもあるそうです。つまり、ただのコーヒーブレイクではなく、いろいろな意味がフィーカにはあるのだそう。

また近年では、コーヒーの代わりに紅茶やレモネードなどを飲んだり、スウィーツの代わりにサンドイッチを食べることもフィーカとされているそうです。

コーヒーなどを恋人や仲間と楽しみ、お互いの関係を深め合うフィーカの文化を日本人も参考にしてみてもいいかもしれませんね😌

https://reichenbach54.com/2020/04/01/fika/

 

ストックホルムおすすめカフェ4選

1. Vete-Katten ヴェーテカッテン

まずはじめにご紹介するのは、創業1928年の老舗カフェの「Vete-Katten ヴェーテカッテン」です。

地元の方にとても人気があるカフェで、時間帯によっては座れないことも多々あります。僕が訪問したときも、ほとんど満席で賑わいを見せていました。

多くの種類のパンやケーキを取り揃えており、そのどれもが美味しいことで有名です。今回は、お店自慢のシナモンロールをアールグレイと一緒にいただきました。

ここのお店のシナモンロールは、今まで食べた中で一番美味しく絶品でした。生地にはいい香りのシナモンが包まれており、甘すぎないので何個でも食べることができます。

シナモンロールはスウェーデン発祥と言われており、さすが本場の味といった感じです。

このシナモンロールに香り豊かなアールグレイスペシャルがかなり合います。コーヒーを注文するか迷いましたが、アールグレイにして正解でした。

この2つを注文して66SEK(約750円)なので、お値段もリーズナブルです。

今回は注文しませんでしたが、スウェーデン伝統のプリンセスケーキをはじめ、たくさんの種類のケーキもショーケースに並んでいます。

冬から春にかけての季節限定になりますが、カルダモン風味のパンにクリームをのせて食べる伝統的お菓子「セムラ」もこのお店の大人気商品です。

ストックホルム中央駅から徒歩約5分の距離であり、アクセスも良好です。アンティーク調の家具で揃えられ、レトロな雰囲気を感じることができるVete-Kattenで、フィーカを楽しんでみてはいかがですか?

名称:Vete-Katten
住所:Kungsgatan 55, 111 22 Stockholm
HP:http://vetekatten.se/
営業時間:月〜金7:30-20:00 土〜日9:30-19:00 祝日9:30-19:00

 

2. Kaffekoppen カフェコッぺン

ストックホルム観光の見所が集まるガムラスタン(旧市街)にある「KaffeKoppen カフェコッペン」

ガムラスタンの中心地であるストールトルゲット広場に位置しているので、アクセスも抜群。観光途中の休憩で利用することができます。

まずお店に入って目に付くのが、壁に大量に貼られた世界各国のお札です。

お札に名前などのメモが書いてあるので、おそらくこのお店に訪れた方々が貼り付けていったのでしょう。ちなみに、日本の千円札も貼り付けてありました。

古い石造りの建物なので、お店の中もちょっとした美術館のようです。黄色いランプとロウソクの灯りが、気分を落ち着かせてくれます。

このお店の一番の人気メニューが、ホワイトチョコレートチーズケーキ。

メニューにホワイトチョコレートチーズケーキの記載はなかったのですが、問題なく注文することができました。どうやらこのお店の隣が「ショコラードコッペン」という系列のお店になっており、店員さんがそちらのお店から持ってきてくれました。

ホワイトチョコレートチーズケーキという名前からして、ホワイトチョコレートを使ったチーズケーキなのですが、今までに食べたことがない味のケーキでした。

ホワイトチョコレートとチーズが合わさったクリームはフワフワで、まるで泡立てた生クリームの食感。それでいて生クリームほどしつこくなく、ほどよい甘みです。

このフワフワのクリームが、サクサクした少し固めの生地ととてもよく合います。また、上に乗ったホワイトチョコのチップと一緒に食べると食感が変わって、食べていて楽しいです。

お皿に乗ったオレンジも、口の中をリフレッシュしてくれるいい役割を果たします。

このホワイトチョコレートチーズケーキは、カフェオレとの相性がとてもいいです。

ホワイトチョコレートチーズケーキを口に含んだ後、カフェボールにたっぷり入った香り豊かなカフェオレを飲むと、いくらでも食べられてしまいそうです。

チーズケーキもカフェオレもお腹いっぱいになるほど、ボリュームたっぷり。2つで113SEK(約1280円)でした。

カフェメニューだけでなく、ランチやディナーメニューもあるので、レストランとしても十分利用できます。

ガムラスタン観光の途中に立ち寄ることができるので、ぜひストックホルムに来た際は、訪れてみてください!

名称:Kaffekoppen
住所:Stortorget 20, 111 29 Stockholm
HP:http://www.cafekaffekoppen.se/
営業時間:月〜木9:00-22:00 9:00-23:00 8:00-23:00 8:00-22:00

 

3. Café Schweizer カフェシュバイツァー

1920年創業であり、約100年の歴史を持つ老舗カフェ「Café Schweizer カフェシュバイツァー」。お店の前に並ぶ、大量のオレンジが目印です。

街の顔とも言えるストックホルム大聖堂からほど近い場所に位置しており、モーニング・ランチ・フィーカなどで利用するにはぴったりのカフェです。

お店の前のオレンジからわかるように、しぼりたてのオレンジジュースが看板メニュー。それ以外にも、オープンサンドイッチやケーキなどのメニューも多く取り揃えています。

今回は、モーニングでCafé Schweizerに訪れてみました。

モーニングメニューは4つの種類から選ぶことができます。今回は、サンドイッチにコーヒー、オレンジジュース、茹で卵のMセット(109SEK 約1230円)を選びました。

かぼちゃの種がコーテングされた黒パンにチーズ、レタスやきゅうりなどのたっぷりの野菜、スペシャルソースが挟んであるサンドイッチです。

少しハードタイプの黒パンと新鮮な野菜が絶妙に合い、とっても美味しいです。ボリュームたっぷりで、朝からお腹いっぱいになります。

特に美味しかったのが、しぼりたての100%オレンジジュース。新鮮なオレンジの透き通るような甘さで、本当に美味しかったです。Café Schweizerに来た際は、必ず注文してください。

お店の内装にもこだわりが見られます。天井に飾られた花々と、カラフルな壁の装飾が目に止まります。

ガムラスタンの中にあるので、アクセスも良好です。歴史あるCafé Schweizerで、看板メニューのオレンジュースと軽食を楽しんでみてはいかがですか?

名称:Café Schweizer
住所:Västerlånggatan 9, 111 29 Stockholm
HP:https://schweizer.se/
営業時間:月〜木7:00-20:00 金〜土7:00-21:00 7:00-20:00

 

4. Café Tram カフェトラム

ストックホルムの一部の区間を運行する「Café Tram カフェトラム」。その名前の通り、路面電車(トラム)の車内がカフェになっています。

ストックホルム中央駅から徒歩約10分の場所にある停留所「Norrmalmstorg ノルマルム広場」から、自然豊かなユールゴーデン島の区間を運行しており、道中では美しい湖沿いの風景を見ることができます。

カフェトラムの車両は、天井にコーヒーカップが乗っているのが目印。1900年代に作られた車両をそのまま使用しているため、レトロな雰囲気を味わいながら、コーヒーと軽食を楽しむことができます。

レトロな雰囲気の路面電車に乗りながら食べる、甘いシナモンロールとコーヒーは格別です。外の景色も美しいので、ずっと乗っていても飽きません。

カフェトラムの料金体系は、「乗車料金+注文した商品」になります。今回は乗車料金、コーヒー、シナモンロール合わせて90SEK(約1020円)でした。

単純にユールゴーデン島までの移動手段としても利用できるので、コストパフォーマンスは高いと思います。クレジットカードでの支払いも対応しています。

駆け足の旅行でないのであれば、ユールゴーデン島までフィーカを楽しみながら、カフェトラムで揺られてみてはいかがでしょうか?

「トラムに乗りながらフィーカ!ストックホルムで評判のカフェトラムを徹底解説」で、実際に乗車した体験や、乗り方・時刻表などの詳しい情報を記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください。

https://reichenbach54.com/2019/11/07/sweden-cafe-tram/

名称:Djurgårdslinjen 7N
住所(Norrmalmstorg):111 46 Stockholm
HP:https://www.djurgardslinjen.se/ja/

 

おわりに

今回は、ストックホルムの中心街から徒歩圏内のおすすめカフェ4選をご紹介しました。

「郷に入れば郷に従え」ということわざがあるように、スウェーデンに訪れたときには、スウェーデン人のように「Fika フィーカ」を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

また、「北欧最大の都市!ストックホルムおすすめ観光スポット35選」でストックホルムのおすすめ観光スポットをご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!

https://reichenbach54.com/2019/11/15/sweden-recommend-sightseeing-spots/

 

人気記事

海外旅行に持っていくべき3つのおすすめクレジットカード【年会費無料】

人気記事

「タウンライフ旅さがし」で海外旅行を無料一括比較!使い方やメリットなどを徹底解説!

ABOUT ME
bayashi
bayashi
|ギター|ノスタルジー|聖地巡礼| アニメやゲーム、映画の舞台でギターを弾いてます。 聖地巡礼が趣味。アニメ・ゲームは主にkey作品。AIRは芸術、CLANNADは人生。Twitterでは定期的にノスタルジックなツイートをしています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です