Sweden

【地下鉄+バス】ドロットニングホルム宮殿の行き方を解説【ストックホルム・世界遺産】

 

水の都ストックホルムの郊外にたたずむ「ドロットニングホルム宮殿」

1991年に世界遺産に登録されたドロットニングホルム宮殿は、その美しさから「北欧のヴェルサイユ」とも称されています。

緑豊かで美しい庭園とメーラレン湖に囲まれた宮殿は、現在スウェーデンの国王一家が住む住居にもなっています。

今回は、そんなストックホルム観光の際にはおすすめできる、ドロットニングホルム宮殿へのアクセス方法を画像付きでご紹介いたします。

アクセス方法を画像付きで分かりやすく解説しています!ぜひ最後までご覧ください!

 

2つのアクセス方法

ストックホルムの中心街から、ドロットニングホルム宮殿への行き方は、①地下鉄+バスでのアクセス、②水上ボートでのアクセスの2通りの方法があります。

①の地下鉄とバスを使うアクセス方法は、最も安く約40分でストックホルム中心街からドロットニングホルム宮殿まで行くことができます。

②の水上ボートは①の方法と比べると、どうしても価格は高くなってしまいますが、美しいストックホルムの風景を見ながらクルーズを楽しむことができます。水上ボートはシーズン中のみの運行であり、約1時間でドロットニングホルム宮殿へアクセスできます。

この記事では、①の地下鉄とバスを使うアクセス方法を解説していきます。

 

地下鉄+バスを使ったアクセス方法

地下鉄+バスを使ったアクセス方法の場合、まずストックホルム中心街から地下鉄で「Brommaplan ブロンマプラン駅」へ向かいます。

その後、「Brommaplan ブロンマプラン駅」の駅前から出ているバスに乗り換え、「Drottningholm ドロットニングホルム」にて下車します。

ここからアクセス方法を画像付きで解説していきますね!

 

地下鉄

引用:https://sl.se/en/eng-info/maps/maps-sl-network/

今回はストックホルム中心街にある地下鉄駅「T-Centralen」から乗車しました。「Brommaplan ブロンマプラン駅」に向かうには、グリーンラインの「17番」もしくは「19番」に乗車してください(上記路線図参照)。

「18番」の電車は、Brommaplanの手前の「Alvik」までしか行かないので注意してください。※僕は間違って18番の電車に乗ってしまったので、「Alvik」で乗り換えをする必要がありました(笑)

地下鉄の切符は、駅構内にある自動券売機から購入することができます。

ここで購入するチケットは、ストックホルム市内の公共交通機関共通のチケットになっています。なので、ブロンマプラン駅から乗り換えるバスでも使用することができます。

1回のチケットが購入から75分間有効で、45SEK(約500円)です。片道約500円で、ドロットニングホルム宮殿まで行けてしまいます。

地下鉄に乗車後、「Brommaplan ブロンマプラン駅」までは約20分で到着します。

 

バス

ブロンマプラン駅に到着後は、ドロットニングホルム宮殿行きのバスに乗り換えます。ブロンマプラン駅は、改札口が一つしかない小さな駅なので、迷うことはないと思います。

駅の出口を出ると、バスの時刻表があります。駅の目の前にバス乗り場があり、176番もしくは177番のバスでドロットニングホルム宮殿にアクセスできます。

※301〜317番、323番、336番、338番、396番のバスでも、アクセスは可能みたいですが、176・177番のバスの本数が一番多い印象がありました。

バスの車内に電光掲示板はあるのですが、アナウンスはないので注意してください。10分とかからずに「Drottningholm ドロットニングホルム」に到着します。

バス停からは、もうドロットニングホルム宮殿が見えています。そのまま徒歩で、宮殿まで向かいましょう。

 

帰路

行きで降りたバス停の道の反対側に、帰りのバス停があります。

帰りのチケットは、バス停の隣にあるコンビニで購入することができます。バスの車内では購入できないので、注意してください。

ブロンマプラン駅からストックホルム中心街に戻る場合は、駅の階段を登って左側のホーム「Tag mot T-Centralen」と書かれた方の電車に乗車してください。

行きと同様、約20分ほどでストックホルム中心街に戻ることができます。

 

おわりに

今回は、世界遺産「ドロットニングホルム宮殿」へのアクセス方法について解説しました。

ストックホルムまで訪れたときには、「北欧のヴェルサイユ」とも称される美しいドロットニングホルム宮殿まで、ぜひ訪れてみてください。

また下記の記事で、ドロットニングホルム宮殿以外のストックホルム観光名所もご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください!

https://reichenbach54.com/2019/11/15/sweden-recommend-sightseeing-spots/

 

人気記事

海外旅行に持っていくべき3つのおすすめクレジットカード【年会費無料】

人気記事

「タウンライフ旅さがし」で海外旅行を無料一括比較!使い方やメリットなどを徹底解説!

ABOUT ME
bayashi
bayashi
|ギター|ノスタルジー|聖地巡礼| アニメやゲーム、映画の舞台でギターを弾いてます。 聖地巡礼が趣味。アニメ・ゲームは主にkey作品。AIRは芸術、CLANNADは人生。Twitterでは定期的にノスタルジックなツイートをしています。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です