フィンランド

ロヴァニエミおすすめホテル!スカンディックポヤンホヴィに宿泊【客室・朝食などを紹介】

スカンディックポヤンホヴィ
bayashi

フィンランド・ラップランド地方の主要都市ロヴァニエミは、サンタクロース村とオーロラ観測が有名な場所として知られています。

今回、実際にロヴァニエミへ訪問し、宿泊者からの口コミ評価が高い「スカンディックポヤンホヴィ」という四ツ星ホテルに宿泊してみました。

「スカンディックポヤンホヴィ」は口コミ通り、かなり快適だったのに加え、中心街に位置しているのでアクセスも非常に良好でした。

この記事では、「スカンディックポヤンホヴィ」のエントランスや客室、朝食ビュッフェ、またホテル前から出発する空港シャトルバスなどについて、詳しくご紹介していきます。

ロヴァニエミおすすめホテル!スカンディックポヤンホヴィに宿泊【客室・朝食など】

清潔感のあるエントランスホール

スカンディックポヤンホヴィ

今回宿泊した「スカンディックポヤンホヴィ」は、1947年に創業されたロヴァニエミでも口コミ評価の高い四ツ星ホテルとなっています。

ホテルのエントランスでチェックインの手続きを完了させます。スタッフさんの対応が良く、とても親切に感じました。

スカンディックポヤンホヴィ

エントランスホールにはソファーや、ロッキングチェアーが置かれており、後述する空港シャトルバスなどの時間まで快適に待つことができるようになっています。

エントランスは広々としており、間接照明の灯りが心地よく感じられるようになっています。

窓から美しい風景の見える客室

スカンディックポヤンホヴィ

今回宿泊した客室は、窓からロヴァニエミ市内を流れる「ケミ川」が見える部屋となっていました。

窓から見える積もった雪と大きなモミの木が、サンタクロースの街に来たことを実感させてくれます。

スカンディックポヤンホヴィ

ちなみに翌朝には、このような銀世界の景色を見ることができました。外の気温はマイナス20度だったので、前方の大きな川も完全に凍りついています。

スカンディックポヤンホヴィ

部屋はツインベッドになっており、全体的にとても綺麗でした。床は寄木張りとなっており、部屋全体には落ち着いた雰囲気を感じることができます。

スカンディックポヤンホヴィ

デスクチェアーも置いてあるので、パソコン作業をする方には嬉しいです。

バスルームには、シャワーと洗面台が設置されています。バスタブがないのでお湯に浸かることはできませんが、シャワーは水圧も強く問題ありませんでした。

トイレとバスルームが別になっている点は、個人的によかったです。

価格として決して安くはないですが、部屋の冷蔵庫には有料のミニバーも設置されています。

ビュッフェ形式の朝食

スカンディックポヤンホヴィ

朝食はビュッフェ形式となっており、かなり種類が豊富となっています。

朝食の時間は月〜土曜日が6:30-9:30、日曜日が7:30-10:30とゆっくり目になっているので、前日夜遅くまでオーロラを見ていた方も安心です。

ヨーグルトやシリアル、フルーツもかなりたくさんの種類があり、健康的な朝食を食べることができます。日本ではあまり見ないような種類のパンもあります。

生野菜やチーズ、ハムもたくさんの種類が並んでいます。スクランブルエッグや、ベーコンなどの定番の朝食メニューもとても美味しかったです。

スカンディックポヤンホヴィ

個人的にはどれを食べても美味しく、全体的なクオリティーはかなり高いように思いました。

デザートには、フィンランドでよく食べられるベリーソースをたっぷりかけたヨーグルトをぜひ試してみてください。

ロヴァニエミ空港へのアクセスも簡単!ホテルの前まで空港シャトルバスが迎えに来てくれます

スカンディックポヤンホヴィ

「スカンディックポヤンホヴィ」に宿泊するメリットとして挙げられるのが、ホテルの前までロヴァニエミ空港行きのシャトルバスが迎えに来てくれるという点です。

ロヴァニエミ市内から空港へは、「エアポート・タクシー・シャトルサービス」というバスが運行しており、市内の主要ホテルを経由して空港まで乗せていってくれます。

市内からロヴァニエミ空港までは約9kmなのでタクシーを使ってもいいと思いますが、バスなら安く簡単にアクセスできるので、ぜひ利用してみてください。

下記の記事で、ロヴァニエミ市内から空港に行くバスを詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

スカンディックポヤンホヴィの宿泊料金は?

スカンディックポヤンホヴィ

「スカンディックポヤンホヴィ」の気になる宿泊料金ですが、今回「2名1室朝食のみ付きプラン」で利用した金額が約25500円(1人当たり12750円)でした。

フィンランドの物価を考えれば、そこまで高くはないのかなぁといった感想です。

部屋も十分綺麗ですし、ホテルの立地や充実した朝食メニューを考えたら、個人的にはまた利用したいと思いました。

「スカンディックポヤンホヴィ」の予約は【Booking.com】が便利なので、ぜひ参考にしてみてください。

Booking.com「スカンディックポヤンホヴィ」

おわりに

スカンディックポヤンホヴィ

今回は、フィンランド・ロヴァニエミのホテル「スカンディックポヤンホヴィ」についてご紹介しました。

朝食も種類が豊富で美味しく、立地としても申し分ないほど良かったので、個人的にはまた利用したいと思えるホテルでした。

今後ロヴァニエミに訪れる予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
bayashi
bayashi
フリーランスのブロガー、WEBライター、仮想通貨投資家。
海外大学院▶︎WEBマーケティング▶︎フリーランス
仮想通貨2017年〜|旅×ギター|アニメ・ゲームが好き(AIR、CLANNAD、サマポケ、ジブリとか)
主に仮想通貨・ブロックチェーンやNFT、会社に縛られずに自由に生きる方法などを発信していきます。
記事URLをコピーしました